採用情報

ANA沖縄空港では、人財育成の基本的な考え方として、社員一人ひとりが高い専門知識とマネジメント力で将来の空港運営に携わる社員育成を目指しています。
それを実現するために、キャリアルートを整備し、人事ローテーションを通して業務知識の拡大の機会を設けています。

キャリアのステップアップ

  • 基盤形成

    基盤形成として

    ANAが大切にするお客様視点の体得と配属先での専門領域のエキスパートとして知識・経験を積んでいきます。

  • キャリア・スキルの形成
    (~10年目)

    キャリア・スキルの拡大

    基盤形成で身に付けた専門領域を基盤に、複数の仕事を通じて専門性の深化とマネジメント力の基礎を確立します。

  • マネジメント
    (15年目~)

    マネジメント

    キャリア・スキルの形成で獲得した専門性とマネジメント力を最大限に発揮して、会社の経営方針・ビジョンに沿った各部署の行動計画の策定や管理を行います。

img img

総合職と一般職の違い

一般職 総合職
役割 配属された各部署において高い業務知識・経験を習得しながら専門性を追求し、エキスパートを目指す社員。
現業オペレーションの定型的・補助的な業務を担い主に特定業務に従事する者をいう。
各部署を経験し、業務知識を拡大しながら、将来的な空港課題解決に向け、全体最適の視点をもって空港運営に携わる社員。
組織の中核を担い現業オペレーションから総合的な判断を要する基幹的業務に至るまで主に特定業務を指定しない者をいう。
初期
配属
現場(旅客業務・グランドハンドリング業務)配属となり、業務スキルや社会人としてのモラル等、当社の社員としての基盤を形成
異動 旅客部門・グランドハンドリング部門内での異動のみ 全部門への異動あり(適性や意欲、能力を勘案し決定)
県外・海外
研修
あり あり
県外・海外
出向
なし(県内勤務のみ) あり
(原則県内勤務。※適性や意欲、能力に応じて社内選抜後、
ANAグループへの出向を命ずる場合がある)
入社
試験
不定期 定期(原則年1回)

人事研修セミナー

入社後のキャリアパスは千差万別です。
社員一人ひとりが各セクションで高いパフォーマンスを発揮するために必要な基礎研修、
専門スキルを向上させる研修まで計画的にキャリア形成できるようにプログラムを準備しています。

img
↑ ↑