事業内容

画像 画像
旅客課 旅客業務担当 2014年4月入社
呉屋 有沙 Arisa Kinjo
大切なことは安全・丁寧・確実。
「また来たい」と思っていただけるような接客を。
沖縄の観光を盛り上げたい
地元沖縄の観光に関わる仕事がしたいなと思っていました。そこで、飛行機を安全に出発させるために多くの人が関わっていることを知り、私もその一員として携わりたいという想いで入社しました。

現在はチェックイン業務やゲート業務、ラウンジ業務など、飛行機を利用されるお客様が快適にご利用いただけるようにお手伝いをしています。大切なことは「安全」「丁寧」「確実」。お客様の命をお預かりする責任重大な業務を行っているため、一つ一つの確認作業を徹底しています。また、多くの方が、「沖縄にまた来たい」と思っていただけるような温かく元気な接客をモットーに業務に励んでいます。
画像
お客様の気持ちに寄り添う接客
ANAでは毎年、全国の空港スタッフが接客のスキルを競う「空港カスタマーサービス スキルコンテスト」を開催しています。コンテストでは、初めて全国レベルの接客を間近で見ることができました。この経験が接客に対する私の意識を変えてくれた大きなターニングポイントになりました。お客様にとって感じの良い親しみやすい係員となるよう、常に意識して働いています。

また、以前車イスをご利用のお客様を飛行機の入口から到着ロビーまでご案内した際、「沖縄に来ると元気が出るね。スタッフのみんなもキラキラしてて素敵」という言葉をいただきました。その時、この仕事をしていてとても幸せだなと感じました。お客様の気持ちに寄り添える仕事はこの仕事以外にないと感じています。これからもお客様の目線を大事にしていきたいです。
画像
今後の目標に向かって
入社してすぐに「風通しの良い会社」だなと感じました。上司や部下の関係もすごく良くてアットホームな雰囲気ですが、業務と業務外のメリハリもあり、とても働きやすい環境です。

旅客業務にはいろいろなポジションがあり、それだけ知識が求められます。今後は、国際線乗り継ぎカウンターや団体カウンターにも立てるよう勉強したいと考えています。さまざまな知識をつけることで仲間が困っている時や、混雑時でもすぐに対応できる係員になるのが、直近の目標です。

私もそうでしたが、「夢は必ず実現できる!」と思います。そのためにもANAの社風でもありますが、失敗しても諦めずにチャレンジすることが大切です。その粘り強さで必ず夢は実現できます。
画像
【ラウンジ業務の場合】 1日の流れ
  • 14:00

    出勤・ブリーフィング

    運航情報や注意事項の共有

  • 14:15

    ラウンジへ移動

    早番担当から引継ぎを受ける

  • 14:30

    ラウンジ受付業務

    ・受付でのラウンジ入室可否の判断
    ・運航状況のアナウンス
    ・ラウンジ内での接客

  • 17:30

    休憩

  • 18:30

    ラウンジ受付業務再開

    最終便まで徹底して出発前の快適な空間づくりを徹底

  • 21:00

    遅番業務開始

    最終便出発後、翌日スムーズにラウンジがオープンできるよう片づけ・整理整頓・準備

  • 22:30

    退勤

画像
↑ ↑